残骸

只今ナインフィンガーの再演中。新しい相棒の役者と手探り状態だが、少しづつ私達のナインフィンガーが出来上がりつつある。

これは何度も繰り返して書いたり、言ったりしている事だが、本当にこの作品に当てはまるので改めて記しておきたい。

観客に考えさせる、想像させる、間・暇・時間を与えてはならない。

答えは残さない。答えは出さない。答えを置いて舞台を去らない。

テーマは観客が好きに解釈するものであり、私達が訴える、提供するものではない。テーマは1つだけではなく、数え切れぬ程あっても良く、その分テーマなど何もないのと同じである。テーマとはテーマが必要な人の為の薬の説明書の様なもので、それが分かったからと言って作品が分かった訳でもないのに勘違いを起こしている。

例えば、これは一応アフリカの少年兵の話だが、君の隣りにだって転がっている、起こりえる話でもあり、国も人種も性別も関係ないのである。

作品の残骸は観た人々の中に残り、私は何の責任も持たずに皆の頭をかき乱すだけである。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中