言葉

言葉に表す、言葉にする事で力を持つ事、人助けになる事、プラスになる事がある。言葉にした事で力を失い、嘘臭くなり、信じられなくなる事もある。私達を繋いでいるのは言葉だけではないけれど、言葉はとても大切なコミニュケーションの一つだ。

言葉は発した瞬間に嘘になる。フィクションになる。なる可能性があり、なりやすい。言葉だけを信じない方が良い。

言葉に現せない事があるから、言葉に現すのが嫌だから、私は踊っている。言葉に現す事を止めた事で可能性が無限になった。同じ聞こえて来るものでも、言葉と音楽とでは、どうしてこうも可能性が違うのだろう。人の考えや想像を言葉に置き換えるには、それなりに自由なスペースがない限り、断言された可能性のないゴミと同じだ。リサイクル可能な言葉もあるけど、それは別の作業である。

それでも言葉は伝えないと言葉にならないし、伝えるから言葉になる。言葉は残酷である。言葉を答えの為にだけ使おうとするから、嘘だらけになり厄介な事が起こる。答えた瞬間に信憑性がなくなる。某テレビ局の質問にも一度答えたが、私に取って「答え」とは、「答えがない」「無限」「秘めているもの」である。

だから、私の言っている事なんか信じない方が良い。

しかし、自分の踊りや考えを言葉にする作業を避けれない時がある。敢えて言葉にする時もある。それらは一時の確認であるだけで絶対性のものではなく、完璧なものであってはならない。目に見えないもの消えてしまうものを言葉にする作業に興味がある。それだけである。

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中