doing less

どうしても100%以上や150%や200%満タンの事をやりたいのが人間である。

同じ100%でも、ニュアンスを考え、コントラストを考え、強き自分だけではなく、弱き自分、どうしょうもない自分、曖昧な自分を受け入れた時点で、芸に深みが出る。確実だった部分をすべて変更させ、とんでもない課題を出す。ダンサーはパンツの中で漏らしてしまう気分だ。確実性を次々、底辺から壊して行く。上手に出来ていた事がとんでもない事になる。すべて忘れさせる。違う観念から出発させる。

踊っていない気がする、マーキングしているみたいとダンサーが言う。次の日、200%踊っていた部分を踊らなくして、自分を見つけた人だけ一歩前進する。

Doing Less…何だか怠けているようだが、とんでもない、大変な偉業である。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中