ボリューム

A点からB点に移動する場合、日本人ダンサーはAというポジションから、Bというポジションにショートカットで動くようだ。まるでその間のボリューム感がない。写真Aから写真Bに移ったが如く平になってしまう。その間に色んな事が起こるべきである。例え時間的に1秒であってもだ。やはり結果重視でプロセスが重視されない事が、こう云う所にも出て来るのだろうか。輪郭からものを捉え、そのあと色塗りばかりしていると、本当のボリュームをどこかに忘れて来てしまう絵の様である。ダンスはぬりえではない。前から気になってはいたが、色んなテクニック情報が、今や日本には沢山入って来るにもかかわらず進歩はなく、今回のワークショップとオーディションで気になったので書いておく。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中